治療をする良いタイミングとは?

こんばんは!

渋谷区広尾

広尾FIELD鍼灸整骨院の郡司です。

 

今回はいつ治療に来ればいいのか、

f:id:tozu-kanade-maki:20171003205909j:image

そのタイミングについてお話しさせていただきます。

 

皆さまはどのようなタイミングで治療をしますか?

 

多くの人は痛み、痺れなど症状や体に不調が出た時に治療にくると思います。

 

しかし、

本当にそれは正しいのでしょうか?

 

 

そもそもなぜ痛みや不調がでるのでしょうか?

 

正座を例に考えてみて下さい。

 

まず正座をすると

神経や血管を圧迫し痛みが出ます

 

その後痺れます

 

さらにそのままでいると感覚がなくなります(いわゆる麻痺の状態です)

 

これは血液の循環が悪くなって起こる現象です。

 

この事から考えて、

正座の状態を姿勢が崩れている状態だとするとどうでしょうか?

 

 

・・・もうおわかりですよね?

 

姿勢が崩れると結果的に痛みや体に不調がでるのです。

 

この事から考えると

 

痛みや痺れ、体の不調が出てから治療をするのはどうでしょうか?

 

遅いですよね。

 

症状がなくても姿勢が崩れていれば治療のサインなのです。

 

そのためにまずは自分の姿勢がどうなっているのかを知る必要があります。

 

 

広尾FIELDでは姿勢のチェックからアドバイス、どうやったら姿勢が良くなるかなどを説明します。

 

是非一度ご来院下さい。

 

 

辛い症状でお悩みの方、メールでのご相談・ご予約はこちら⬇︎
info@hf-s.jp

ホームページはこちら⬇︎
http://www.hf-s.jp

電話でのご相談・ご予約はこちら⬇︎
0362772809


 

 友だち追加