気象病。こんな方は要注意❗

【健康への道 〜road to health vol.18〜】

渋谷区広尾

広尾FIELD鍼灸整骨院のナガモリです。

こんにちは❗

 

三連休はあいにくの空模様になってしまいましたね。


f:id:tozu-kanade-maki:20170917214315j:image

 

天気の乱れから頭痛やひどい肩こり、めまいやぎっくり腰など様々な不調が出てくる事を最近では“気象病”と呼ばれます。

勿論、正式な病名ではないものの、同日にぎっくり腰など同じ症状の問い合わせを何件も続くと、やはり気象も大きく影響していると思われます。 

 

 http://hiroofield-sinkyuseikotsuin.hatenablog.com/entry/2017

 

気象病は、気圧の変化が耳の内耳と呼ばれる所に作用され結果、自律神経が乱れ引き起こされるとされています。

 


f:id:tozu-kanade-maki:20170918000333j:image

 

とはいえ、“自律神経の乱れ”と一言で言っても神経の働きは目に見えるモノではないですよね。。。

 

実は簡単に見分ける方法があるんです。

 

それは“姿勢”です。

実は姿勢の良し悪しも自律神経に深く関わっており、自律神経が乱れていると、姿勢も崩れてしまいます。

 

つまり、普段から姿勢が崩れている人は、気象による気圧の変化により、更に自律神経が乱れ不調を訴えやすくなります。

 

次回のブログ更新では、私も毎朝行っている、姿勢のセルフチェックを挙げようと思いますので、請うご期待下さい。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

辛い症状でお悩みの方、メールでのご相談・ご予約はこちら⬇︎

info@hf-s.jp

 

ホームページはこちら⬇︎
http://www.hf-s.jp

 

電話でのご相談・ご予約はこちら⬇︎

0362772809