健康へのみち 〜road to health 〜 vol.9


f:id:tozu-kanade-maki:20170517002428p:image


【断捨離】


こんにちは!

渋谷区広尾

広尾FIELD鍼灸整骨院

院長の戸塚です。


様々な痛みや不調がなくなって欲しい!


何歳になっても健康でいたい!


誰しもが思うことですよね。


また、健康より大事なモノもありません。


患者さん自身で痛みや不調を取り除き、健康寿命を延ばすには「生活習慣」を見直す必要があります。


逆に言えば、今健康でないとしたら「生活習慣」が間違っているのではないでしょうか?


では「生活習慣」とは?


①「食べ物」

広く言えば、口に入れるモノ全てです。

飲み物・サプリメント・薬


②「睡眠」

時間・質・規則的か不規則か・睡眠グッズ・ベッド


③「運動」

不足・やり過ぎ・種類


④「仕事」

ストレス・PC・姿勢


健康になりたい皆さん、身体の様々な不調に悩む方は、カラダにイイ(と言われている)ものを食べたり、カラダにイイ(と言われている)ことをしていることが多いです。



しかし・・・



もし、カラダにイイとされているモノやコトが実は間違っていたら⁉︎



あるいは、ある人に「これカラダにいいから」とか、テレビや雑誌で取り上げられたから、といって一生懸命やっていることはないでしょうか?



Aさんが効いたからあるいは良くなったからといってBさんが同じように良くなるわけではありません。

むしろ悪くなることだってあるワケです。


薬がそうですよね。


Aさんに効いた薬がBさんには効かなかった、cさんが飲んだら副作用が出た。なんてことは普通にありますよね。


何故でしょうか?


答は簡単です。 


AさんとBさんとCさんは個体が違うからです。


個体を考えて薬を出さないと、このようなことが起こるワケです。


病院では、年齢や身体の状態に関係なく、症状だけを聞いて薬が処方されます。


だから、20才の人と80才の人に同じ薬が出るんです。


本来なら、年齢や身体の状態や既往歴を充分に調べて、その人にあった薬が処方されるべきなのに、ほとんどの病院でそれがされていません。


テレビや雑誌などのメディアに取り上げられる健康法は大概間違っていることが多いです。



何が間違っていて何が正しいのか?


自分にあった健康法は何なのか?


答は「断捨離」ではないでしょうか?


❓❓❓


捨てることです。


続けきは「断捨離②」にて。


最後までお読み頂きありがとうございます!



辛い症状でお悩みの方、メールでのご相談・ご予約はこちら⬇︎

 info@hf-s.jp

 

ホームページはこちら⬇︎
http://www.hf-s.jp

 

電話でのご相談・ご予約はこちら⬇︎

0362772809

 

友だち追加