健康への道〜road to health〜 vol.6

【運動の在り方】

渋谷区広尾の広尾FIELD鍼灸整骨院

永守です。こんにちは!

さて、当院の治療を受けていただく場合、
主訴の他に過去に何があったかの既往歴や
日常の生活習慣を事細かくお聞きした上で、
治療方針のご説明を差し上げます。
初めてのご来院だと、ここまでで30分
長い場合1時間以上お話させて頂く場合も。。。

それだけ、現代人の抱える症状は様々な要因が混在し複雑化しており、
本当に良くなっていただく為には、色々な視点でモノを考えなければなりません。

その中で、
患者さんから挙がる痛みの理由について
「運動不足で筋肉が落ちたから」
と言われる方も入れば、
「運動したから痛みが出た」
と言われる方ももいます。

“んっ!?”

運動しないから痛みが出て、運動しても痛みが出る。

骨折や捻挫など外傷性の場合を除いては、
実はどちらも間違った考え方で、根本的な理由ではありません。
つまり運動の有無=痛み
ではないと言うこと。

では、健康の三大要素に挙げられている
健康の為の運動の在り方とは。。。

答えは、“楽しめるか!”“好きか”

It's simple!

血液循環をコントロールしているの自律神経の働きから考えると

運動をすることにより、リフレッシュやリラックスが
出来るのであればするべきで、
結果血液循環も良くなります。

逆にストレスになるようなら逆効果なのでやらないべきです。

つまり運動するから血液循環が良くなると言うのは
健康常識のウソで、
運動後のリフレッシュ効果が循環を良くし
健康的な身体をてにいれることが出来ます。

判断基準は自分自身ですが
ストレスになりそうな方の例で

男性だと筋肉を落としたくないから。
女性の場合、太りたくないから運動する。

確かに継続する事は何事に於いても一番難しく、
継続出来る方を僕は心から尊敬します。

が、上記の理由をあげる方の中で、“アタマ”に
「寝る間を惜しんで」とか
「疲れがたまった状態でも頑張る」
と言うような恐怖観念から運動をされる場合はオススメしません。

以上の事から、最後に質問です。

あなたは運動が好きですか?

好きであれば、今後も続けて下さい。

嫌いな方は無理に頑張る必要はありません。

因みに私は好きです。まぁウェイトトレーニングが趣味です。(笑)

という訳で、これからGYMでリフレッシュしてきます!

f:id:tozu-kanade-maki:20170531154826j:plain

 

 

 

辛い症状でお悩みの方、メールでのご相談・ご予約はこちら⬇︎

 info@hf-s.jp

 

ホームページはこちら⬇︎
http://www.hf-s.jp

 

電話でのご相談・ご予約はこちら⬇︎

0362772809

 

友だち追加